2017年3月15日水曜日

機材は新しいものが?

このブログを更新したはじめたきっかけに・・・
レッスンでDTMも取り入れることになり・・・ProToolsソフトウェアにて
昔の音源をミックスし直すという目的があった。

そしてまず1万円のiMac,そして1.5万円のMacProを手に入れてProToolsLe7(未開封品)を動かすことに成功した。


<その過程は、いくつか記事にしてありますのでご興味のある方はお読みください>



とそこでまぁ、思ったのですが・・・古いものを動かすより・・・
できる限り新しい物で機材を揃えた方が良い、ということ・・・。


それなりに知識があってもなかなか古い環境で整えるのは・・・まぁ手間がかかるというか・・・。

それと最新のOS感覚で取り扱うと

古いもので出来ない事・・・に慣れるのに時間がかかる・・というか・・・そういう視点を忘れているので・・・

おかしいなぁ、、、出来るのかなぁ?あれれ・・・

・・・あ・・・出来ない、未対応か・・・という検証に手間どる。


予算にしたら安くは出来ますが。


思えば、シリアルポートからUSBにMacのインタフェースが変わった時、MIDIインターフェースの正式対応まではだいぶ時間が空いた。

今は、そんな事もなく、大概は、スムーズに引き継げる。



以前からの環境で安定しているとうのならともかく・・・

新しくDTMをはじめる新規ユーザーの方には・・・なるべく新しい製品でのシステム構成をオススメします。


ちなみに自分がはじめて買ったMac

Perform6260

・・・20年以上前・・・こちらより引用させていただきました。






CPUPower PC 603e 100MHz
二次キャッシュメモリ256KB
メモリ
(メモリタイプ)16MB/最大64MB(SIMM)内蔵ハードディスク800MB(IDE方式)
CD-ROMドライブ4倍速(トレイ式)/TD> 
モニタ15インチマルチスキャン
解像度640×480
800×600
832×624
最大表示色数32,768色
表示解像度を800×600、832×624に設定
たときは256色です。
ステレオスピーカ内蔵
マイクロフォン内蔵
キーボードAppleキーボード II JIS(付属)
内蔵ファクスモデム14.4Kbps
ビデオ入力オプション
TV/FMラジオチューナオプション
リモコンなし -------------------------------------------------------------
付属ソフト
クラリスワークス 2.0
Magic Hat 100 Jr.
Thinkin' Things
Fatty Bear's Fun Pack
3Dアトラス
Spin Doctor
At Ease 3.0
江戸文字勘亭流
毛筆行書体毛筆楷書体
フリーアートお試し版
Sentius EB Player
三省堂パフォーマ辞典
お日さまのおくりもの
はじめてのパフォーマ
らくらくクラリスワークス教室
宛名職人




   --------------------------------
はじめてのパフォーマワンダーロム 
クラリスワークス
ランチャー
At Ease
クラリスワークス2.0
マジックハット100ジュニア
宛名職人
フリーアートお試し版
コーパス毛筆書体集
三省堂パフォーマ辞典
3Dアトラス
乗換案内 全国版
Type School
桃源紀行
Sentius EB Player
コリャ英和!
アップルインターネットダイアラ
Netscape Navigator
Eudora Pro
テレサーチ104
VTX for Macintosh  

2017年3月12日日曜日

The Best of Jaco Pastorius

You tubeでジャコパストリアスベストというのを聞いていた。

安価だが、一応、ミックス、モニター用のヘッドホンで。

なんだか・・・改めて聞き直してみると・・・一曲目のバードランドから・・・
一体この音楽はなんなんだろうと・・・そんな印象を受ける。

フレーズ的には、ペンタトニックな感じなのだが・・・

きっと自分が成長して受け取める情報が増えたからなんだと思うが・・・

とてつもない音楽に聞こえてくる。

ミックスの具合、所々にある効果音的なもの・・・各プレイヤーの表現力・・・。


だからといって万人受けしたりする物ではないが・・・

しかし万人受けする要素が全部入っている・・・というか・・・


万人受けしないが、万人受けする要素しかないというか・・・


物事の本質、実存で出来上がっているサウンド・・・


うーん・・・芸術から哲学を語ってしまいそうな・・・そんな思いと共に・・・。

この年になってやっと物のレビューが出来る様になったのか(笑)



日曜の夜の一こまでした。。。




The Best of Jaco Pastorius

脱初心者(スケール編)

今日は、レッスンでよくやっているスケールの適用方法を書いておきます。

キーがC・・・それならば<Amペンタトニック一発>で弾ける!


そしてAmペンタトニックスケールの指使い、ポジションを確認しスケールを覚えると思います。

が・・・それだと・・・実のところ<何の身もなっていきません。>


英語で言えば、単語だけを知っている状態と言えばいいでしょうか。
英会話は出来ない状態というか・・・いえ・・・その前・・・自分ですら単語の意味を理解出来ていないというか・・・。


そうですね・・・もう少し言語に例えれば


もちろん単語だけでも通用する場合もありますが・・・
そこに少しの文法や定冠詞のあるなし・・・時制まで入れて・・・

さらに自分がこうしたい、という目標を伝えられば、それなりにコミュケーションになってくるのではないでしょうか。

単語だけでは伝わらなくても身振り手振り、意思を入れればどことなく伝わるみたいな・・・。


スケールに話を戻しますと・・・Amをただ弾くだけではなく・・・

キーがCで、その中でなんのコードなのか・・・どんなコードでもAm一発で良いのか・・・

と言えば、そうではなく・・・


C・Am・Dm・G7
とか・・・
C・F・G7・G7
とか・・・
Dm7・G7・C・C
とか・・・


レッスンでは、こうしたコード進行の一つ一つのコードで同じペンタトニックの指使いで適用スケールをあてはまる練習をしていきます。
(もちろん、全部Amで弾くことは間違いではありません、それでも十分と言えば十分です・・・。)


まず覚えるスケールは・・・Gメジャーペンタトニック・・・・

Gメジャーペンタトニックをはじめる場所を変えるとそれぞれFメジャーペンタトニック、Cメジャーペンタトニックとなりますので・・・その三つを覚えて・・・・

各コードに適用します。


次にオルタードスケールを覚えますが、それはメロディックマイナースケールと同じ音使いなのでメロディックマイナーを覚えます。



そしてマイナーペンタを覚えて・・・


ミクソリディアン、リディアンといった風に音使いを増やしていき・・・



なれてきた頃に・・・いよいよアボイドノートさけて弾く、というレッスンに入ります。

ここからが、本格的に音楽力?を付けるレッスンとなりなんというか音感のある人!への一歩を踏み出します(笑)


文章だとなんだか難しそうに思うかもしれませんが、実は、案ずるより産むがやすしで・・・

初心者の方からでも十分にスケール(音階)適用は、習得出来ます。

そして・・・はじめから脱初心者となれます(笑)


気になりましたらお気軽に体験レッスンをお受けください。

お読みくださりどうもありがとうございます。




2017年3月9日木曜日

くまもとラーメン

くまもとらーめんが、食べたくて検索をするのですが・・・

なかなか見つかりません。

横浜に桂花ラーメンというのがありましたが、そこもなくなり・・・
ネット検索では、港北区までいけばありそう・・・


が・・・自分のイメージのくまもとラーメンは、チェーン店系と少しちがって・・

我が地元に個人店で15年ぐらいまであった・・・お店があり・・・

そこのイメージ・・・。

ターロめん、チャーハン、餃子・・・

全部乗せ系は、大将ラーメンといったかな・・・


とラーメンネタでした・・・



ネットで拾った食べたいのに近いイメージの写真・・・



2017年3月3日金曜日

ベースレッスン!

自分が、教える立場として、微力ながらも今までやってきたことから・・・

何かしらを教えています。


自分は、とにかく今もそうですが、どちらかというと、しっかりした出来るタイプではなく、まぁ、不甲斐ないタイプというか・・・消極的思考というか・・・

それに音楽に対してなにか長けたものがあるわけでもありません。

もともとまぁ・・・すべての事に対して不器用であり、また努力も出来ず、、、

自分がものを頼む人だったら・・・自分には頼まないなぁ、というふうに客観的思います。(笑)


けれども自分を嫌いだとか、卑下しているというわけでもなく・・・
・・・


とそんな前提を書きつつ・・・書いておきたかったのは・・・・

なんだかんだっていいつつも・・・


教えてくれる方がいる・・・というのは、それなりに意味をなす事だなぁ・・・


なんて思いました。

いえいえ・・・もちろん・・・教えてもらうデメリットもあるのですが・・・。


自分が、ベースをはじめた時は、吹奏楽部の友人に簡単な譜面の読み方ぐらいは教わりました。



教わる方、教える方、互いに良いマッチングがあれば・・・

人の能力ってそれなりに伸びていくんだろうと・・・



もしお読みになって、ベースレッスンのご興味ある方、これからはじめる方でも・・・
何か行き詰まっている方、スケールって・・・どう使うの?


なんて思う方・・・是非、体験レッスンを受けてみてください。

と、、レッスンの宣伝を書くつもりではなかったのですが、そんな事を思ったので・・・。

お読みくださりどうもありがとうございます。



概要はありますが、レッスン形態、場所など相談に応じます。



一台あっても良いマルチ♪